初めての心療内科で薬漬けにされる

うつ・適応障害

2017年の6月、精神的にトドメの一撃を食らって物理で体が動かなくなった私。

原因をはっきりさせるために心療内科に行くことにしました。

(メンタル以外の病気が隠れている可能性もあるので、本来ならば内科など然るべき所で診てもらってから心療内科を受診しましょうね!)

ネットの口コミを頼りに心療内科探し

まだ引っ越して数ヶ月、頼れる情報源はネットの口コミだけです。

しかし一番評判が良さげな心療内科は、混みすぎていて予約が取れませんでした。

電話対応して下さった方の対応もちょっとせかせかしていて相当忙しそうな感じだったのでご縁がなかったんでしょうね。

aki
aki

それにしても予約が取れないほど儲かってる心療内科とか・・・日本の闇を感じる・・・

その後、二番目に口コミの評判が良く院内が綺麗そうな心療内科(心療内科Aとします)の予約があっさり取れたので行ってみることにしました。

心療内科Aは駅前にありアクセスもそこそこ良く、ネットの情報通り新しくて綺麗な感じ。

ただ、入った瞬間からなんとなく居心地が悪くて不思議な感覚に襲われました。

うまく言えませんが、待合が人で溢れているのに

『人間の生気が感じられない』

のです。

付き添いで来てくれた旦那も私と同じように言いようのない違和感を感じていたようでした。

゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚

呼ばれて診察室に入ると、医師が一人。

心療内科というのはカウンセラーさんに話を聞いてもらって医師の診察を受けるものだとばかり思っていたんですが、そういうものではないんですね。

医師▶︎医療的な観点から診察をする

カウンセラー▶︎問題について一緒に考え解決方法を見つける

根本的に問題へのアプローチが違うので、カウンセリングは別途有料で申し込みが必要みたいです。

椅子に座ると、受付時に私が書いた問診票をさらっと見た医師は

医師
医師

仕事休みます?診断書書きますよ?一ヶ月くらいにしましょうかね

と、問診らしい問診もないまま言いました。

診断書ってそんなに簡単に出るものなのかこっちがびっくりするくらいの速さ。

というか「休みなさい」であれば「休まなきゃいけない病状なんだ」と納得できたのに・・・

中途半端に判断を委ねられてしまったので、いきなり一ヶ月も休養していいものか判断がつかなかった私は

aki
aki

長期間仕事を休めないので期間が長いのはちょっと・・・

という謎の注文をつけてしまいました。

そして医師は私の意見をそのまま反映した診断書を作成・・・

これって・・・

患者の意見を反映してる時点でもうそれは医師の診断書ではないのでは!?

後で考えるととんでもない話ですが、判断力が瀕死の状態だったその時の私は、とにかくちょっとでいいから休める診断書!くれ!!という心境だったので

「自律神経失調症」で「休養などの配慮を要する」

という中途半端な診断書をもらってきたのでした。

こんな半端な診断書でも効力は絶対なので、休養期間と働き方を会社と話し合ってとりあえず有給で半月のお休みをゲット。
(有給アホほど残ってた)

薬については

aki
aki

不妊治療をしているから漢方でお願いしたい

と素人考えで伝えて、よくわからないまま漢方薬を5種類処方されました。

それが多いのか少ないのかも分かりませんが、それから数日、薬を飲んでも症状は軽くなる気配すらありません。

aki
aki

もしかしたら漢方だから効きが遅いのかもしれない

そんな気がしたので、不妊治療よりまずは体を治すことを優先しようと思い、薬の切り替えをお願いすることに。

その日も薬についての説明はなく、漢方薬が一種類まで減らされ、代わりに3種類の薬が処方されました。

過敏性腸症候群の薬と、不安・緊張を鎮める薬、吐き気を抑える薬です。
(別に腸の調子は悪くない)

しかし、症状は改善するどころかどんどん重くなっていきます。

飲み始めてからすぐに、朝だけでなく日中もベッドに縛り付けられたような重圧で起き上がれなくなってしまいました。

aki
aki

ひょっとしてこれは薬がヤバイのでは・・・?

セカンドオピニオンで命拾い

大した問診もなく薬の説明も全くないという医者の態度に不信感を抱きつつあった所に、薬服用直後の体調悪化。

私も旦那もこれ以上心療内科Aにかかることも薬を飲むことも危険だと判断して、次の予約を無視して別の心療内科Bに駆け込みました。

そして心療内科Bの医師から告げられたのは・・・

・自律神経失調症はそもそも病名ではないからそんな診断書は普通は出さない

・精神病患者に処方するような重すぎる薬が処方されている
(動けなくなったのは恐らく薬の副作用)

・漢方薬で治すなら3年〜5年はかかる

・・・という私としてはかなり衝撃的な内容でした。
(特に二つ目)

曲解すると、治療期間の長い漢方を使うことも重い薬で重症化させて長期通院することも、たくさん薬が処方できるので病院の儲けにはなりますよね・・・

私、危うく薬漬け患者に仕立て上げられる所だったのかもしれません(°_°)

心療内科Bでは、本来なら初診で診断書を出すことはしないそうなのですが、体が限界ということもあり「抑うつ」で診断書を出して頂きました。

もちろん医師の判断で「一ヶ月の休養」という内容も添えて。

そして

・早く治したいなら漢方薬を過信しないこと

・薬の目的とする効果と調整方法

・不妊治療と並行する場合に覚悟しておくべきこと

これらのことを一時間かけてこんこんと説明して頂きました。

多少厳しくも取れる言い方でしたが、逆にそれが信用できると感じたのでこちらでお世話になることに。

医師の他に毎回同じ女性看護師さんが同席して三人で話せるのも安心感がありましたし、薬を飲んで治療しながら出産した方も多くいらっしゃるということも決め手になりました。

薬も軽い安定剤を一種類だけ、少量から処方してもらいました。

先生曰く、私と同様に心療内科Aが嫌になったたくさんの患者さんがこの心療内科Bに流れてきているんだそうです。怖・・・

今思うと心療内科Aでの『人間の生気が感じられない異様な空気感』は、強い薬漬けになって気力を失った人達の集まりだったからなのかも知れません・・・

心療内科や精神科で薬漬けになるというのは都市伝説かと思っていましたが、実在しましたね・・・

まとめ

こうして何とか信頼できる医師に辿り着くことができましたが、ネットの評判は本当にアテにならないと痛感した出来事でした。

ネット上の口コミ母数が多いのは単にアクセスが良い立地だからなのか、裏で意図的な何かが行われているのか・・・

メンタルの薬は副作用が出るものも多いので、少しでもおかしいと感じたら医師に相談、もしくはセカンドオピニオンとなる病院を受診しましょうね。

コメント

  1. […] (▶︎初めての心療内科で薬漬けにされる) […]

タイトルとURLをコピーしました